Get Started Free

The Importance of Networking When Starting a New Business

The Importance of Networking When Starting a New Business

Networking is an essential factor to successfully start a new business. A wide range of information may be obtained through networks, such as: where to get management resources, research methods to obtain these resources, and any expenses necessary. This gathered information will be needed when planning the start-ups. Furthermore, this will most likely impact the survival of the start-ups. We can divide the process of the new start-ups into five stages.

The first stage is when an individual has not put anything into action however, has a vague idea of how to start a business. The second stage is the creation of a substantial business plan. A common difficulty faced during this stage is the lack of understanding of the components to establish a business. In other words, one does not know the methods necessary for planning.

The third stage is the implementation of the business plan. In this stage, challenges encountered are raising funds and attracting customers and clients. Following the start-up period is the fourth stage, the expansion period. Once the business takes off, and orders and business volume increase, the expansion of employees should be considered.

As the company grows, there will be a higher probability for rival companies to try and enter the market.Therefore, businesses have to identify what sets them apart from other businesses. Once they overcome that stage, start-up processes reach the stable growth period.

At the stage of starting up a business it is very unlikely that the founder has sufficient management resources. According to research, those with human networks have a higher chance of having a smooth start-up process. “What adds to the entrepreneurial spirit is networking”. Therefore we can conclude that, the obtainment of vital resources for starting a business, relies on the ability to network.

Original text written by Shinamon (シナモン)

新規開業プロセスにおけるネットワーク活動の重要性

新規開業者自身に不足する経営資源が存在する場所,入手方法,価格等の多岐にわたる情報をもたらすネットワークを持っていれば新規開業を構想する段階で後押しになり,その後の生存率にも影響する可能性があると考えられる。新規開業企業の創業前後の起業プロセスを5つに区分してみる。第1は,ある個人が起業を漠然と考えてはいるものの,実際の行動にはまだ移っていない状態である。この段階で現れる課題は,起業するための手順が不明なので,具体的な行動に移せないことである。第2は具体的な事業計画を行う段階である。この段階における問題は,事業を成り立たせるための具体的な要素がわからない,つまり計画の仕方・方法を確定できないという点である。第3は事業計画に基づいて行動に移していく段階である。この段階の問題は資金調達と顧客の開拓である。スタートアップ期を乗り切ると,第4段階の拡大期にはいる。仕事が受注できるようになり,業務量が増えると必要になるのは人材である。仕事量が拡大していくと,競合他社が参入してくる可能性が高く,それらに対する差別化を図っていかなければ競争に勝ち残れない。課題をうまく乗り越えることができたとき,安定成長期に入れる。調査では人的ネットワーク持っているほうがないよりも創業 時のプロセスがスムーズに進む可能性が高いということがわかる。「企業家精神とは本来的にネットワーキング活動である」という主張もあるように創業においては,創業者が十分な経営資源をすでにもっているということはほとんどなく,みずからにない資源や能力を補っていくためには,ネットワーキングを行う必要があるのである。